メニュー

舌下免疫療法

当院では舌下免疫療法を行なっています。

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法とは、アレルギーの原因となる物質を微量ずつ長期間にわたり投与することで、アレルギー反応を起こしにくくするという治療法です。
アレルゲン免疫療法は、100年以上前から行われている治療法で、以前はアレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が主流でした。現在は治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。国内ではスギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎に対して治療が可能です。

治療効果

くしゃみや鼻水、鼻づまりといった鼻炎の症状や、眼のかゆみや皮膚のかゆみなどのアレルギー症状に効果があります。

舌下免疫療法の対象

・スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎の方
・5歳から投与可能です
・今までの治療で十分な効果が得られていない方
・抗アレルギー薬の副作用で眠気が出ると困るという方(運転するお仕事や受験生など)
・鼻炎の薬を減らしたい方

治療方法

舌下免疫療法は、1日1回舌の下にアレルギーの原因物質のエキス(錠剤)を含み、体内に吸収させる舌下投与のことで、アレルギー反応を起こしにくい体質を作り出す方法です。投与するエキスの濃度が一定まで上がれば、月1回の通院で治療が可能です。毎日自宅での投与は必要になり、アレルギー反応を起こさない程度の体質になるまでは3~5年の治療継続期間が必要とされています。

治療までの流れ

1.事前検査・治療の説明

舌下免疫療法を始めるためには、「スギ花粉症」または「ダニアレルギー」であるという血液検査の結果が必要です。検査がまだの方は、当院で採血いたします。
当院以外で検査を受けたことがあるという方は、結果用紙を持参してください。
治療の説明をさせて頂きますが、採血結果が出るのに1週間程かかりますので初回投与は後日になります。

2.初回投与日

初めての投与は、アレルギー反応など急激な副反応が起きないかどうか様子を見るため、クリニックで行います。お時間に余裕のある日をご指定ください。(最終ご予約可能時間は診察終了時間の1時間前までです)

3.定期処方

初回投与から1週間後に受診して頂き、問題なければ4週間分のお薬を処方します。その後、経過観察とお薬処方のために4週間に1回、通院していただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME