メニュー

アトピーの治療

アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い皮疹が良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚炎です。乳幼児期に発症することが多く、近年では成人になってから症状が現れる方もいます。

皮膚のバリア機能の低下(乾燥肌)とアレルギー反応を起こしやすい体質(アトピー素因)が主な原因です。

バリア機能を低下させないための保湿ケアと、外用薬で炎症とかゆみの抑制を行うことが大切です。外用薬のみでかゆみが治まらない場合は、飲み薬を併用することもあります。きちんと薬を使うことで肌の状態をコントロールできるようになります。

当院では、肌の症状に適した薬の選択、日頃のスキンケアの方法、薬の塗り方など患者様の肌の状態に合せた丁寧な指導を行っております。また、アレルギーの原因となるアレルゲンを特定するため、血液検査や皮膚検査を行うこともあります。また難治性アトピー性皮膚炎の治療には、光線療法エキシマライト、生物学的製剤デュピクセントⓇを用いることがあります。詳しくは、エキシマライト生物学的製剤を参照ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME