メニュー

高周波ラジオ波メス

従来の電気メス(400KHz前後の周波数帯)に比べて高い周波数(4.0MHz)を採用しています。電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。より微細な切開・止血凝固が可能で、細かい技術を要求される手術に用います。主に手術時の止血に使用していますが、ホクロ、イボなどの切除も可能です。

サージトロンdual EMC(ellman社)
サージトロン・デュアルは、4.0MHzの周波数を用いた電気手術器です。4種類のモノポーラモードを使い分けることで、さまざまな手技に応じた、微細な切れ味と焦げの少ない凝固を可能にします。また、1.7MHzの周波数を用いたバイポーラモードは、より凝固に高いパフォーマンスを発揮します。
<主な対象疾患>
毛細血管拡張症、脱毛、疣贅上皮腫、脂漏性角化症、扁平母斑神経腫、隆起性病変腫瘍、単純黒子、黄色腫、膿瘍、基底細胞癌 などラジオ波メス

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME